inusongのガンプラ旧キット改造ブログ

いぬそんぐです。ガンプラの旧キットを改造して、ツイッターにUPしていない製作途中の画像などをブログ形式で紹介したいと思います。

旧キット 1/144 トールギス 改造

とってもお久しぶりです。いぬそんぐです。めちゃめちゃお久しぶりですね・・・いやホントお久しぶりですね!?

 

f:id:inusong:20180617160212j:plain

f:id:inusong:20180617160217j:plain

というわけで、今回の旧キット改造はRG発売で話題となったトールギスです。ガンダムWはリアルタイムで見ていたはずなんですけど、ストーリーとかほとんど記憶に残ってません。が、トールギスがかっこよかったことは覚えています。

 

nagano07.hatenablog.com

素組レビューは「手取り13万だけどFDとか玩具とか」さんがされているので、ぜひご覧になってください。なかなかキビシイ感じのするキットですが、どうにかこうにか形にしてみました。なお、今回は製作途中の写真を紛失してしまったのと、塗装前に組み立て直して撮るのがめちゃめちゃ面倒だったので(※後述)、すべて塗装後の写真です。

 

というわけで、まずは頭から。頭部はマスク部分と兜のところに、ガンプラの平手パーツでいう「水かき」的な部分があったのでそこだけ切り取ってます。あとはそのままです。

f:id:inusong:20180617155057j:plain

首の基部をプラ板積層で作りました。頭との接続はキットのポリキャップを使ってます。この頃のポリキャップはなんか眺めているだけでノスタルジーな気分になりますね。

f:id:inusong:20180617155105j:plain

f:id:inusong:20180617155112j:plain

基部のおかげで大きく上を向いたり傾けられたりします。

 

肩にいきます。

f:id:inusong:20180617155118j:plain

肩の球体部分はキットのまま、二の腕はキットのものをピザ的分割で四等分して、3mmずつプラ板かませて幅増ししてます。さらにその上からプラ板を貼って削ってなんとなく円筒に見えるように。

f:id:inusong:20180617155124j:plain

f:id:inusong:20180617155130j:plain

胴体内部に引き出し式の関節を設置しているので、ぼちぼち引き出せます。

f:id:inusong:20180617155202j:plain

肘の関節は二重関節にしました。

f:id:inusong:20180617155142j:plain

f:id:inusong:20180617155232j:plain

まあ90度くらい曲がってるからいいか、というユルい気持ちでいつも作ってます。おてては極め手(丸)。例によってキットの倍のお値段です。

 

肩のブースターです。

f:id:inusong:20180617155209j:plain

f:id:inusong:20180617155223j:plain

最近のリファインされたキットでは接続方法が変わっているようですが、原作リスペクトで肩アーマーに設置しました。まあ確かに肩と一緒にブースターが回るとポーズを付けにくい、というのは分かる気もします。

 

f:id:inusong:20180617155259j:plain

f:id:inusong:20180617155305j:plain

ブースターの展開機構は、キットの可動部分をポリキャップに変えてあげたくらいです。このあたりだけギラギラになるように塗ってみました。でも筆塗りメタリックは難しいですね・・・。あとバーニア内部ですが、奥の部分に接続軸が丸見えになってしまうので、適当な丸モールドパーツを貼って隠してます。

f:id:inusong:20180617155312j:plain

ブースターも上下90度ずつぐらいは動くのでまあ頑張ってポージングしてね、って感じです。接続部はキットままだとPS樹脂同士でヘタレそうだったのでKPS樹脂の関節とプラ板で作った受けで接続しました。受けとブースターはMr.セメントSPを塗りたくってガチガチに接着してます。

f:id:inusong:20180617155320j:plain

ドーバーガンです。本体は銃口付近を開口したくらいです。

f:id:inusong:20180617155334j:plain

設定どおり、マウントしたまま撃てるような角度にもできます。

f:id:inusong:20180617155344j:plain

f:id:inusong:20180617155356j:plain

キットのままの接続パーツは折れてしまいそうだったのでプラ板とPCの軸を組み合わせて可動式のマウントパーツを作りました。

f:id:inusong:20180617155418j:plain

左肩のシールドは、アーム部分のPCをKPSに変更したくらいです。

f:id:inusong:20180617155429j:plain

ビームサーベルは一個だけは取り外せるようにしました。持ち手がどこかへ消えてしまってますね・・・。

 

胴体にいきます。

f:id:inusong:20180617155441j:plain

なんかやたらお腹が長くなっている気がしますが、その通りです。

f:id:inusong:20180617155448j:plain

f:id:inusong:20180617155456j:plain

いつもの感じでぼちぼち動きます。いやホント製作中の写真が少なくてスミマセン・・・。

f:id:inusong:20180617155504j:plain

胸とお腹の隙間にシリンダーを設置しているんですがあんまり見えませんね。

 

腰にいきます。写真が見にくかったのでちょっと明るさだけいじってます。

f:id:inusong:20180617155513j:plain

股関節はイエサブのヘキサパイプを設置してそこにクランク的な動きをするパーツをかませ、フトモモと接続してます。左右独立して動く引き出し式関節を作ってみました。

f:id:inusong:20180617155519j:plain

f:id:inusong:20180617155525j:plain

お分かりいただけたであろうか・・・。

f:id:inusong:20180617155615j:plain

お尻のアーマーは小さなBJで可動させます。

f:id:inusong:20180617155620j:plain

サイドアーマーは腰とフトモモの2点でスプリング接続。

 

脚にいきます。

f:id:inusong:20180617155628j:plain

f:id:inusong:20180617155633j:plain

意味ありげなフトモモの分割線がありますね。

f:id:inusong:20180617155638j:plain

こういうことです。

f:id:inusong:20180617155646j:plain

前から見たらこんな感じです。やたらこの装甲スライドに凝ってしまい、膝は90度くらいしか曲がらなくなってしまいました。

f:id:inusong:20180617155656j:plain

f:id:inusong:20180617155717j:plain

フトモモ、スネには可動シリンダーを入れてます。

f:id:inusong:20180617155739j:plain

足首はこんな感じ。

 

 

 

 

 

では、本題に移ります。

キャスト・オフです。

f:id:inusong:20180617155751j:plain

前述の塗装前組み立てをしたくなかった理由がこれです。バラしてヤスって洗ってまた組み立ててバラして塗るのを考えたら面倒で面倒で…。

半分だけ脱がせました。センターマンですね。年齢がバレますね。

右半身もフレーム入ってますよ、念のため。

f:id:inusong:20180617155756j:plain

f:id:inusong:20180617155801j:plain

首の基部の可動です。シリンダーもよく見えますね、赤く塗ったのはアクセントになるかなあと思ってのことだったのですが、装甲つけたら全然見えませんでした・・・。

f:id:inusong:20180617155807j:plain

f:id:inusong:20180617155814j:plain

胴体は装甲つけてもあんまり可動範囲変わらなかったのでよかったです。

f:id:inusong:20180617155819j:plain

f:id:inusong:20180617155825j:plain

f:id:inusong:20180617155830j:plain

肩の引き出し式関節もさっきよりは見やすいのではないでしょうか。

 

f:id:inusong:20180617155840j:plain

f:id:inusong:20180617155851j:plain

下腕にもシリンダーつけてます。ちょびっとだけ動きます。

 

脚がいちばんややこしい構造なんですけど、

f:id:inusong:20180617155902j:plain

f:id:inusong:20180617155910j:plain

f:id:inusong:20180617155916j:plain

f:id:inusong:20180617155922j:plain

こ、こんな感じです・・・。文章で説明できる気がしないので写真を載せましたがなんの説明にもなってないですね・・・。

f:id:inusong:20180617155929j:plain

f:id:inusong:20180617155943j:plain

f:id:inusong:20180617155954j:plain

f:id:inusong:20180617160011j:plain

f:id:inusong:20180617160021j:plain

足首は足の甲側にBJを設置してるので傾ける動きができます。あとシリンダーも動きます。

f:id:inusong:20180617160026j:plain

f:id:inusong:20180617160037j:plain

フトモモうしろと前の装甲にはシリンダー軸と受けをそれぞれ設置しています。これがないと前の装甲がスライドせずパカッと開いてしまいました。

f:id:inusong:20180617160116j:plain

全部脱がせました。

f:id:inusong:20180617160126j:plain

元キットと並べたかったのですが2個買うのももったいなかったので説明書の完成図を載せておきます。

f:id:inusong:20180617160132j:plain

このイラストがカッコよかったので、バランスなど参考にしています。

ちなみにブースターの配色とかスネや腕のシリンダーなどちょこちょこアレンジしてますが、ブースターは配色切り替え部分のモールドが埋まってわからなかったから、シリンダーは何も考えずに設置したら装甲がハマらなかったので泣く泣く装甲を切った、という経緯になっております。

 

 

今回も塗装はアクリジョンメインの完全筆塗りです。黒地に白の部分だけGXクールホワイトです。あとはグランプリホワイトやら適当に調色した黒やら艶消しを混ぜた黒鉄色で塗ってます。キレイめに塗ろうと思ったんですがなんか塗ったら粗が見えてきたので汚してごまかしました。

 

 

 

なんか勢いでフレーム作っちゃったんですがめちゃめちゃ時間のかかった難産だったので、もう2度とやりたくねえ、と思いながら作ってました。

 

 

f:id:inusong:20180617160145j:plain

f:id:inusong:20180617160202j:plain

 

なんかまたやり始めてしまいました。一体どうなってしまうのか・・・。

 

 

今回は特に長かったうえに肝心の関節構造の説明ができず申し訳なかったのですが、ご覧いただきありがとうございました。

 

関節構造など、ぶっちゃけ手で触ってもらった方がわかりやすいと思うので、

8/25に鹿児島で開催される「模型維新展」にて個人的に「おさわり体験会」をさせてもらおうかと思っております。興味のある方は下記のツイートをチェックしてみてください。

https://twitter.com/tyooonan/status/1004725637821620224

 

 

模型維新展で、ぼくと握手!