inusongのガンプラ旧キット改造ブログ

いぬそんぐです。ガンプラの旧キットを改造して、ツイッターにUPしていない製作途中の画像などをブログ形式で紹介したいと思います。

旧キット シャア専用ザク 1/100(1)

こんにちは。いぬそんぐです。

ゲルググが表面処理とかすり合わせレベルに落ち着いたので、シャア専用ザクに浮気します。

 

素組レビューは「手取り13万だけどFDとか玩具とか」さんがされているので、ぜひそちらをご覧ください。色分けが完璧な逸品です。

nagano07.hatenablog.com

さて、改造に入ります。まずは胴体。

f:id:inusong:20170511195412j:plain

まずは胴体と腰を切ります。タミヤのノコでぶった切ります。

f:id:inusong:20170511195419j:plain

ついでに肩幅も気になったので、旧キット定番の八の字加工をします。切るだけです。

f:id:inusong:20170511195431j:plain

上半身にコトブキヤのP-142の受けを、瞬間接着剤でガチガチに固定します。

f:id:inusong:20170511195438j:plain

下半身と上半身をつなぐ簡易的なジョイントを作ります。

f:id:inusong:20170511195444j:plain

つながりました。

f:id:inusong:20170511195451j:plain

f:id:inusong:20170511195500j:plain

今はジョイントのみですのでこんなにワイルドに動きますが、あとでジョイントを太らせて内部フレームみたいにするので、可動範囲は狭くなります。今しか楽しめない可動です。

ジョイントはこんな感じ。コトブキヤのPCの5mmを使用します。強度が…とかではなく、胴体にでも使用しないとなかなか使いどころがなく、余ってしまうからです。

f:id:inusong:20170511195514j:plain

 

 

次に頭部です。大きさはあんまり気にならないので、モノアイの可動をさせます。

f:id:inusong:20170511195521j:plain

もともと色分けされてるスグレモノ。ここに1.5mmの穴を横一直線にいくつか開けます。それらをデザインナイフでつなげます。

f:id:inusong:20170511195527j:plain

キットから切り出したランナーです。角の部分です。これに、天面に1mm、前面に1.5mmの穴を開けます。

f:id:inusong:20170511195541j:plain

 

キットの軸にも1mmの穴を開け、1mmプラ棒でさきほどのランナーを串刺しにします。

f:id:inusong:20170511195548j:plain

前面の穴に1.5mmのシンチュウ線を通し、同じく1.5mmの穴を開けた丸モールドを接着します。このとき、シンチュウ線の断面はやすりで平らにしておきます。

f:id:inusong:20170511195555j:plain

これで、レールに沿って可動するモノアイの基部ができました。あとでHアイズのピンクを埋め込みます。

f:id:inusong:20170511195602j:plain

f:id:inusong:20170511195609j:plain

頭部装甲と干渉しないかも要チェックです。

 

f:id:inusong:20170511195621j:plain

首は、コトブキヤのPCについてきたT字のポリを使います。ポリのサイドを現物合わせで調整。長いほうは首と頭部の接続に使います。

 

f:id:inusong:20170511195628j:plain

f:id:inusong:20170511195635j:plain

首がつきました。もともとの可動が優秀なので、けっこう前後に可動します。

 

f:id:inusong:20170511195642j:plain

首と胴体をつなぐのもポリ。WAVEの5mmボールジョイントです。プラ板と瞬着で固定します。引き出し式の予定でしたが、ガチガチに固まってしまったので固定です。あんまりボールジョイントにした意味はなくなりました。

 

f:id:inusong:20170511195648j:plain

肩は跳ね上げられるようにしたいので、さっき切った断面に合わせ、上部にくる部分に切り欠きをいれます。そして2mmのPCを仕込みます。前後には少ししか動きませんが、上にはクルッと回ります。

f:id:inusong:20170511195707j:plain

切り欠きをアテにして瞬間接着剤で固定。これで肩の基部ができました。

 

本日は以上です。

 

旧キットを改造していて一番楽しいのが胴体と頭です。人間みたく表情のないMSに躍動感を持たせるには、ここの改造が一番のキモだと思います。

パーツが少なく簡単に組めるうえ改造の余地が有り余っているので、旧キット、オススメです。