inusongのガンプラ旧キット改造ブログ

いぬそんぐです。ガンプラの旧キットを改造して、ツイッターにUPしていない製作途中の画像などをブログ形式で紹介したいと思います。

バンダイ 旧キット 1/100 ゲルググ(1)

こんばんは。いぬそんぐです。製作途中の 1/100 ゲルググ の解説をしたいと思います。今回のゲルググはそんなに激しく改造していませんので、参考になれば幸いです。

 

ちなみに、ぼくも愛読している旧キット素組レビューが「手取り13万だけどFDとか玩具とか」さんなんですが、旧キットそのものの可動範囲や造形は、こちらの方がきれいにレビューされていますので、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

nagano07.hatenablog.com

 

 

では、ゲルググに移ります。

ガンダムとの比較写真。もう少し大きくしたかったです。

f:id:inusong:20170508221809j:plain

 

まず顔なんですけど、いきなり比較写真がなくて申し訳ないのですが、ものすごく横に広いです。ですので、縦に輪切りにして、必要なところだけをエポパテでつなぎます。つないだのがこちら。

f:id:inusong:20170508221827j:plain

f:id:inusong:20170508221847j:plainトップとサイドのいいとこどりです。あとで鼻の孔を開けようと思ってます。

 

首の接続はボールジョイント

f:id:inusong:20170508221930j:plain

f:id:inusong:20170508222006j:plainf:id:inusong:20170508222020j:plain

肩アーマーは困ったときのスプリング接続。肩そのものはコトブキヤのP-142です。めっちゃ便利ですよこれ。

 

腰は

f:id:inusong:20170508222119j:plain

こんな内部ブロックを入れてます。上半身とはP-142で接続。

f:id:inusong:20170508222132j:plain

少しですが、前と横に傾けられます。

 

腕ですが、肩と胴体をつなぐパーツはキットを使用しました。内部にはポリキャップを入れています。

f:id:inusong:20170508222336j:plain

f:id:inusong:20170508222359j:plain

f:id:inusong:20170508222410j:plain

平成旧キットよろしく肘の部分でロールさせます。腕のポリはリーマーで穴を広げたあとにプラサポを入れ、ポリをいい感じに固定します。手首もポリです。おててはコトブキヤの丸指ハンドBです。近所の模型屋で安売りされてたんで買い占めました。MSの表情付けには、出来の良い手は必須だと思いますが、パテの削りだしとか難しくてできないので…。

肩の可動範囲ですが、

f:id:inusong:20170508223415j:plain

横にはこれくらい、

f:id:inusong:20170508223434j:plain

前にはこれくらい。

ぼくの勝手なコダワリなんですけど、むかしエヴァンゲリオンのプラモを作ったときに、肩を回すと装甲版(拘束具)までクルッと回るのがすごく嫌だったんです。それを避けるために、ガンダムもそうですが、なるべく方をクルッと回さずに可動させる方向にしています。

 

 

 

股関節です。ここも簡単にP-142。動かすときに負荷がかかる部分なので、瞬間接着剤でガチガチに固定します。

f:id:inusong:20170508222630j:plain

受けの方はもともとの穴をリーマーで広げ、接着しています。

 

膝です。

f:id:inusong:20170508222812j:plain

旧キットあるあるですが、もとの軸位置はそんなに悪くないのに関節と装甲が干渉して可動を殺しています。ですので、干渉部分を切り欠きます。

f:id:inusong:20170508222915j:plain

フトモモはもともとの穴につなげるように切り欠きをいれ、黒い瞬間接着剤でこれまたガチガチに3mm棒を固定します。ちなみにぼくは3mm棒は基本的にキットのランナーを使っています。

 

足首です。

f:id:inusong:20170508223040j:plain

f:id:inusong:20170508223101j:plain

申し訳程度に可動。コトブキヤP-142です。

 

f:id:inusong:20170508223133j:plain

こんな感じに、もともとの軸接続のパーツを利用して、スネの外側の軸は切り飛ばし、内側にボールを設置。足首の方はもともとの軸接続の穴をリーマーで広げ、受けを接着。簡単ですがちょびっと可動範囲が広がるのでおすすめです。あと元キットと関節位置が同じなので身長が伸びてプロポーションを崩す、といった事故にならなくなると思います。

 

武器です。ビームライフルです。

f:id:inusong:20170508223636j:plain

手首とグリップが一体成型されていたので、プラ板から作ってみました。

 

とりあえずこれくらいは動くように。

f:id:inusong:20170508223732j:plain

 

 

以上です。また完成したり、構造を変えたりしたら書きますね。1/100のシャアザクに浮気しそうですが…。